© All right reserved TOSHIRO INABA

AM5:00の絵

June 28, 2018


いま、丸善ジュンク堂書店で美術書フェアをやっています。
そこで配布されている無料のカタログがとっても充実していて、すごいクオリティー!

 

 

“書店員が本気で選んだ美術書カタログ”として2013年に配布された「defrag」が、5年ぶりに「defrag 2」として改訂されたとのこと。

 

 その中に、光栄にも大友良英さんとの対談本、「見えないものに、耳をすます 音楽と医療の対話」も掲載していただいています!!!

 

 

 

無料配布の冊子なのにすごいクオリティー! 

 

 

 あまたある美術書の中に、「見えないものに、耳をすます ―音楽と医療の対話」大友良英、稲葉俊郎(アノニマ・スタジオ)(→amazon)も載せていただきました。

 

 

 

 

同じ冊子で紹介されている、吉田昌平さんの「新宿(コラージュ)」。

こちらは、写真家・森山大道の写真集『新宿』(月曜社刊)を解体して、全てのページを素材として使用しながらコラージュした写真集です。

この吉田昌平さんが、「いのちを呼びさますもの」の美しい装丁もしてくれたのですー。

→●白い立体

 

左下には、なんと「見えないものに、耳をすます」の写真を撮っていただいた、齋藤陽道さんの「写訳 春と修羅」(ナナロク社)も!

 

右下には、何度かお会いしてお話しした畠山直哉さんの写真集「BLAST」もある。
知っている方が多数載っているのはうれしいなぁ。

 

 

●2017/9/4:大友良英、稲葉俊郎「見えないものに、耳をすます ―音楽と医療の対話」アノニマ・スタジオ(→amazon

 

2017年9月の発売当初、子供もまだ2か月ちょっと。小さいなぁ。 

 

 

ということで。
 本のPOPを頼まれまして、水彩で描いて送りました。
 (ついでに単著の方も・・・・)

 

 仕事が午前7時で早いので、朝5時に起きてやっと描いた・・・。

もう少しシンプルなのがよかったかなぁ?!とか、文章って何書けばいいのー、とか思いつつ、エイヤー、と。

 

 

ぜひみなさま、どこかの丸善ジュンク堂で見かけてくださいませませー。

丸善ジュンク堂書店 芸術書担当者推薦!『defrag 2』:紙の本
https://honto.jp/cp/netstore/2018/defrag2.html

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload