© All right reserved TOSHIRO INABA

カナディアンファーム(canadian farm)

October 10, 2017

UAさんを訪ね、八ケ岳へと行ってきた。
アンサンブルズ東京の打ち合わせもかねて。

 

打ち合わせの場所はcanadian farmへ。1年ぶりに。
あずさで新宿から茅野まで行き、車で30分ほど。

 

canadian farm(長野県 諏訪郡原村1077-7)は八ヶ岳ふもとにあり、諏訪湖も近い素晴らしい場所。

ここは縄文遺跡も多く、縄文人もさぞ暮らしやすかったことだろう。

 

カナディアンファーム(canadian farm)は、誰でも訪れる楽園のような場所だ。

 

ハセヤンという廃材使いの達人が、イマジネーションの魔法を作って、あらゆる素材を変容させて家や家具や遊び場へ作り変えている。

場が持つすべての世界観が素晴らしい。ガウディの建築を彷彿とさせる自由さ。

生き方、生き様、哲学が、自然と人類との共生のあり方がすべて、この場の中に込められている。

 

 

 

 

 

 

 

食事も豪快でおいしい。外で食べる。こんな単純なことが気持ちいい。

 

ここでは一般の人も食事ができる。祝日で大勢の人が訪れていた。

子どもは生き生きと嬉々として遊んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

手作りのブランコもあり、トランポリンもあり、ツリーハウスもある(遊んだりには使えないけど)。
子供の楽園だ。
子供にとっての楽園は、人間にとっての楽園でもある。


こうした地上天国をそれぞれが責任もって作れば、(小競り合いは多少あっても)この世から戦争はなくなるだろう。イマジネーションは、そのためにも人間に与えられているマジカルな力だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


美しい少年には、虹が似合う。
人類が誕生する前から地球に降り注いでいる光と虹の波動。
少年が虹を突き抜け、虹が少年を追いかけているようだ。

 

 

 

 

 

 

 


こうした広々とした自然で暮らしている生活を見ると、東京の狭い場所で生活を見直してしまう。
大自然の中での暮らしは、もちろん苦労も多いだろうが、それに勝る野生の喜びがある。


英気を養って帰ってきた。
東京から行きやすいし、また行こう。
今度は縄文遺跡を巡りたい。

 

 

 

カナディアンファーム(canadian farm)
長野県 諏訪郡原村1077-7

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload