オザケン、サニーデイ、ビートルズ、S&G、スクールウォーズ

当直中は人がいないので音を出しながら仕事ができる。

Youtubeで、本人が歌っているのを見ながら音楽を聴くと、またいいなぁ、と、改めて。。。。

●小沢健二 - 大人になれば...

この「大人になれば」、結婚式の時のラストにつかわせていただいた。

(ちなみに、はじまりは高木正勝さんの音楽を使わせていただきましたー。)

妻も自分も多大な影響を受けているオザケン。

『LIFE』の2年後に発表されたサード・アルバム『球体の奏でる音楽』(1996年)から。

自分も青春真っただ中。 いま聞いても楽曲の質が高いので、まったく懐メロにならないのがすごいとこ。

このアルバムは本当に名盤だった。何度も聞いたなぁ。

そして、 サニーデイ・サービスの『東京』(1996年)というレコードを聞きながら、東京ってどんなとこなんだろうと、夢膨らませた熊本時代。 1996年のこと。

いまでもサニーデイ・サービスの『東京』と、オザケンを聞くと、そのときを思い出す。

高校の時は基本的にレコードばかり。

The BeatlesとSimon & Garfunkelは、この時期に徹底的に聞いたはずが、今聞いても常にはじめてきいたときのような新鮮さがある。

●Simon & Garfunkel - Bridge over Troubled Water (from The Concert in Central Park)

●Simon & Garfunkel - The Boxer (from The Concert in Central Park)

●Simon & Garfunkel - Mrs. Robinson (from The Concert in Central Park)

●SIMON & GARFUNKEL - Sound of silence (1967 Live)

●Simon and Garfunkel Medley (with Andy Williams) 1968

●Andy Williams with Simon & Garfunkel - Scarborough Fair / Canticle

●The Beatles - Don't Let Me Down

高校よりひとつ前。

中学生の時、ドラマスクールウォーズの再放送見て、泣いたなぁ。 ドラマの中では「スクールウォーズ」が一番好きかもしれない。 次は「ひとつ屋根の下」。

「スクールウォーズ」の主題歌を歌っている麻倉未稀さん、めちゃんこカッコいい!クール!!こんな素敵な人だったとは!!(この動画に、しょこたん(中川翔子さん)の亡くなったお父さん、中川勝彦さんとのトークがあるのも、なんだかすごい・・)

原曲のBonnie Tyler「Holding Out For A Hero」もかっこいいし。熱い。 この2018年の暑い夏に、熱い唄を聞くのも粋なものだ。

しかも、この「Hero」は登美丘高等学校の最高のダンスにも引き継がれていたし。

「スクールウォーズ」はドラマも歌「ヒーロー」も、完璧なケミストリーだった。

●麻倉未稀 - ヒーロー - Holding Out For a Hero- - 1984.10

●スクールウォーズOP:「ヒーロー」by麻倉未稀

●Bonnie Tyler - Holding Out For A Hero (Video)

●2016.4.24 大阪府立登美丘高等学校 / TDC DANCE @LIVE JAPAN FINAL 2016

------- 愛は奇蹟をを信じる力よ 孤独が魂(こころ)閉じ込めても ひとりきりじゃないよと あなた 愛を口移しに 教えてあげたい

You need a hero 胸に眠るヒーロー 揺り起こせ

生命(いのち)より 重い夢を 抱きしめて走れよ You need a hero

つかまえてよ ヒーローその手で 夢をもし あきらめたら ただの残骸(ぬけがら)だよ -------

このあたりの歌詞なんて、めちゃんこ、かっこいいわー。 ほんとうにその通り。

今の時代に必要な歌。

© All right reserved TOSHIRO INABA