© All right reserved TOSHIRO INABA

アナウンス 『杉本文楽 女殺油地獄』

July 11, 2017

面白そうなものを、Shareしたいと思い、ときどき勝手に宣伝部長してます。

 

 

世界的な美術家である杉本博司さん。
表現は写真だけにとどまらず、彫刻、インスタレーション、演劇、建築、造園、執筆、料理、・・・と多岐に渡ります。貫通しているのは、歴史や時の重みです。
骨董も専門でされていたこともあり、古典芸能にも深い造詣があります。

 

 

08/11(金・祝)から08/13(日)に、世田谷パブリックシアターにて杉本文楽「女殺油地獄」!というとんでもないタイトルの講演があります。

『杉本文楽 女殺油地獄』
 

 

 

 

近松門左衛門に、杉本さんの息吹を与えて現代に蘇生させる文楽の舞台です。


近松が、なぜこうした過去の凄惨の事件を作品化したのか。
やはりそれは死者への鎮魂だと思います。究極の「見取り狂言」を目指した公演、と書いてありました。

 

 

文楽とは、人形浄瑠璃のこと。
江戸時代に歌舞伎と同時期に生まれた総合芸術です。

 

太夫の語り、三味線の音、人形遣いの動き。
この三位一体の芸術には、西洋とは全く異なる静寂なる美意識を感じます。

 

物語を人形に仮託させることで、人間の営みを感情を超えた視点から客観的に見て、体感することができる。日本が生んだ極めて特異な美の世界。

 

 

古典に伝えられた美の世界と、杉本博司さんの美意識が入り混じった公演は楽しみです。

 

 

杉本博司さんからも、かなり気合の入った公演のようですし、ぜひぜひお見逃し無きように、とのコメントです。

 

杉本博司さん、人形浄瑠璃、日本の古典作品、近松門左衛門、鶴澤清治さんの三味線にも、どれかにピンと来られた方は、是非足をお運びください~。

自分は8/11金曜の会に行きます!

 

=============

『杉本文楽 女殺油地獄』

【日程】    2017/08/11(金・祝)    ~    2017/08/13(日)
【会場】    世田谷パブリックシアター
【作】近松門左衛門『女殺油地獄 下之巻より』
【構成・演出・美術】杉本博司
【作曲・演出】鶴澤清治
【振付】山村友五郎
=============

 

 

ちなみに。
熊本には山都町(旧・清和村)に「清和文楽」という農民の人たちが伝えている人形浄瑠璃があり、それはそれは素晴らしいものです。
芸術がプロやアマへと分化していく手前の、民衆の素朴な美への思いがあふれています。
熊本に行かれるときは、こんな山奥に!!と驚くと思いますが、「清和文楽」にもぜひ足を運んでほしいです。

 

清和文楽館

熊本県上益城郡山都町大平152

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload