「満月交心 ムーンサルトレター」、「コーカサスの白墨の輪」、詩人、岩崎航さん、TADANORI YOKOO ISSEY MIYAKE 0

もろもろの情報をご共有。



一条真也さんから頂いた、鎌田東二先生との共著「満月交心 ムーンサルトレター」現代書林 (2020/10/28)

ものすごい分量!厚い!!内容も熱い!!!


満月の夜に交わされ続けている二人の往復書簡は、テーマが森羅万象に渡っていて驚愕します。博覧強記の霊性の高いお二人が交わると、すごい化学反応を起こすものです。特に宗教関係の考察には、いつも学ばせてもらっています。満月の夜空を見る度に、一条さんと鎌田先生お二人が、いまも往復書簡を交わしているのか!と・・・。



人の心を深いところで支えているのが「宗教心」のようなものだと思うのですが(特定の宗教という意味ではなく)、「宗教心」は霊性の次元の場所でもあり、自分の魂の眼を開かないと見えてこない薄明の、それでいて個を支えるものであり。

当直中に、すこしずつ読みふけり中ですが、読むたびにいつも頭が高速回転するので目が冴えます。笑


ぜひおよみください!!










東京ノーヴイ・レパートリーシアターのアニシモフ監督からいただいたチラシ。

梅若能楽学院会館での「コーカサスの白墨の輪」(11月28日(土) 29日(日))。これは相当に面白い。 以前、東京両国のシアターΧ(カイ)で見た時も、感動したなぁ。


ドイツの劇作家ブレヒトの作品を、ロシア人演出家が、日本人の俳優と、日本の能楽堂でやる演劇っていうのは、本当にあらゆる文化の結節点のようなもので。


自分も観世流の梅若派で能楽の稽古をしている立場なので、梅若能楽学院会館は聖地中の聖地です。

「生きることを ――――恐れるな!」 っていうのも、コロナ禍に響く言葉!

http://www.tokyo-novyi.com/index.html








詩人、岩崎航さん。

山形ビエンナーレの記事。(岩永直子さん: BuzzFeed News)

ぜひぜひお読みください!



●1回目:「生存」だけでなく「生活」が必要  詩人・岩崎航がコロナ禍の芸術祭で語ったこと


●2回目:コロナ禍と災害 金縛りの状態から私たちを解きほぐすものは?



<参考>

『みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2020』

9/25金曜1400-1515 漆黒とは、光を映す色 ‐詩人・岩崎航が、生きることと芸術を語る‐ 岩崎航、岩永直子

9/25金曜1530-1630 稲葉俊郎×岩崎航 トーク 生きることと芸術





イッセイミヤケと横尾忠則の結合。

すごい!!

横尾忠則のすごさを完璧に理解しているイッセイミヤケならでは!!

なんとか購入したいなぁ~!



TADANORI YOKOO ISSEY MIYAKE 0


常に変化を続けることで時代を牽引してきた美術家、横尾忠則氏。このたびスタートする「TADANORI YOKOO ISSEY MIYAKE」は、A-POC(エイポック)による服づくりを続けてきた宮前義之とそのチームが、横尾作品の溢れるエネルギーとともに、衣服の更なる可能性を追求するプロジェクトです。


その出発点となる「TADANORI YOKOO ISSEY MIYAKE 0(ゼロ)」では、横尾氏の作品を一枚の布の中に再構築し、わずか7色の糸で色鮮やかに織り上げたブルゾンを発表します。

生地を織る際、表側で使われない色の糸が裏側に出るため、左右反転した横尾氏の絵が、思いがけない色彩で現れます。


A-POCとは、糸から生地をつくる過程で、一枚の布の中に服のデザインを完成させるという、独自のプロセスが特徴の服づくりです。1本1本の糸に指示を与えて生地を織る(編む)プログラミング技術は、1998年にA-POCが誕生して以来常に発展を続け、2020年秋「TADANORI YOKOO ISSEY MIYAKE」という新たなステージに立ちました。絵を観るよろこびと、服を着るたのしみ。その両方を備えた特別なプロジェクトのスタートです。




© All right reserved TOSHIRO INABA