top of page

「パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展―美の革命 ピカソ、ブラックからドローネー、シャガールへ」@国立西洋美術館

そういえば。週末には

「パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展―美の革命 ピカソ、ブラックからドローネー、シャガールへ」@国立西洋美術館 を見に行った。


すべての絵が霊感に満ちて素敵だった。

形を壊し、再構成し、また壊す。

では、そこに残ったものは何か?

という禅問答のような地平で。


3次元と2次元との関係。2次元と3次元との関係。では4次元は?

行ったり来たりしながら、次元や空間という事態の本質を皆で考えていたのかもしれない。












展覧会名:パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展—美の革命 ピカソ、ブラックからドローネー、シャガールへ

The Cubist Revolution

An Exhibition from the Collection of the Centre Pompidou, Paris

会期:2023年10月3日[火]~2024年1月28日[日]

会場:国立西洋美術館




国立西洋美術館の常設展でもピカソが。

穴があくほど見る。


絵の前に立つと、ここにピカソがたって、絵筆を握って描いているのだ、その同じ間合いに自分が立っているのだ、と思うだけで鳥肌が立つ。






上野公園では銀杏が落ち、光が満ち、そしてUFOのような不思議な雲を見た。















Comments


bottom of page