• inaba

2020年の8月に

夏の軽井沢は渋滞で人も多い。

観光スポット?は混んでいるので、近所のお散歩に励む。

生活の場には人がいなくて、でも植物はたくさんあって、ほっとする。









植物の形を観察する。

植物の形は、呪文のようだなぁ。

じっと見ていると、イメージやシンボルという通路を介して、何か特殊な通路が開かれるような気がする。












植物一つの生命の中に生と死が一体となっているように感じる。

生と死は対立概念ではなく、相補概念だということがわかる。

そもそも、すべての対立概念のように思えるものが、深層では相い補い合う関係であることと同じように。








8月というお盆の時期だから、近所の長倉神社にある「平和の礎」で、平和を明確に具体的に現実化したイメージをして、必ずそういう未来を子どもたちが生きるよう誓ってきた。


医療行為も生活も生きることも、すべてが平和運動と分け隔てなく一体化しているかどうか、自分に問い直すように。






176回の閲覧

© All right reserved TOSHIRO INABA