© All right reserved TOSHIRO INABA

  • inaba

上田の夏


死者との距離が近づくお盆。 妻の実家、長野の上田へ。

背後に巨大なお山がそびえる風景は、こころの安定にもとってもいい風景だと思う。

人間や意味を超えたもの、そうした不可思議な循環の輪の存在から、贈与を受けて人間の暮らしはあるのだ、ということを体感として知るためにも。

雲も艶っぽい、いい形していたなぁ。

風穴。

天然のクーラー。

ここでも、お蚕様を育てた。

お蚕様の繭から絹糸をつくり、それが明治日本の近代化に大きな役割を果たした。

ただ、いまや蚕や絹糸、絹織物は大切にされなくなった。

ニーチェの「神は死んだ(God is dead)」は、他人事じゃないんだなぁと思う。

キリスト教での一神教の神と、日本での多神教のカミとは違う。

お蚕様にも神社があり、家では神様のように大切に扱われていたのだから。

野生ではない蚕は、生糸をつくるために人工的に改良され、もう野生では生きていけない、か弱き存在を人間の都合で作り出した責任があるからこそ、祖先は「かみさま」として大切にしたんじゃないのかな。人間の業を知るためにも感謝をするためにも。その通路として。

実際、蚕はこの世ならない存在の雰囲気を受ける。何か特殊な通路を通ってこの世にあらわれてきたように。

カイコの図鑑を読んでいると、

「交尾のあと、メスはその日の夕方から夜にかけて500個ほどのたまごをうみます。

成虫は、オスもメスも口はありますが、何も食べないまま一生をおえます。」

というくだりがあり、死を内蔵した生命という存在のかなしさが心に響くが、それは同時に存在の深さも示していると思う。

長門牧場(信州白樺高原)にも行った。

遊具とかあまり余計なものが置いてなくて、広いということを広さそのもので表現していて、それが良かったなぁ。

長門牧場(長野県小県郡長和町大門3593-2)

長野県上田市の山中にある「茶房パニ」という素敵なカフェでは(女神山ライフセンターが近くにもある)、アリシア・ベイ・ローレル(Alicia Bay Laurel)さんの3回目のライヴが8月25日にあるみたい。

素敵な自然と場所、風の流れや地のエネルギーが、気に入ったんだろう。ダイレクトにつながる人は、間の情報を介さないのでシンプルだ。ライブ、見れる人がうらやましい。

自分もアリシア・ベイ・ローレルさんの「地球の上に生きる」草思社 (1972年)のような、手書き手作り本をいつか作りたいなぁ、と思ってる。

茶房パニ(長野県上田市野倉524-1)

自然が残されているところにいくと、人間以外のいろいろな生きものの声が、よく聞こえるなぁ。

生きようとしている姿は、人間と同じ。 生命の輪のひとつである、ということも、同じ。


103回の閲覧