• inaba

空から海へ 直島へ


前から前から前からずっと行きたかった直島へ。

まずは前哨戦。

東京から空を経由して香川の高松へ。

空の上、ANAの機内誌。 天才ミュージシャン、青柳拓次さんの素敵なコラム発見!アイルランド、音の都!

さらに。我が地元熊本の長崎書店で、いつも稲葉の著作を応援してくださっているスーパー書店員、佐藤美和さんも出られてたー。

書棚にひそんでいる蜘蛛(家でも守り神と言いますしね)をひそかに愛して大切にしている佐藤さんのナチュラルな姿勢、素敵だー。

(たぶん、長崎書店で「暮らしのおへそ Vol.26」の宣伝に稲葉の似顔絵書いてくれたの、佐藤さんだと思う!)

ふと。

空から地上を見てみると、空には空の世界があり、そこで循環する生態系があり、それはそれは美しい。

雲の隙間から人類の営みが垣間見えた。

光と水。 水と光。

雲も、水のありかたのひとつ。

地球という惑星のきめ細かい肌がなまめかしく。

地球自体のカーブがすこし感じられる

香川につくまで。しばしの間、天体ショーを堪能した。

空港から陸地に落ち着き、次は港から直島へ。

海は魚や人間だけではなく、光の通り道でもある。

天から見て、次は地から見る。

その後、直島へ上陸。

直島の話は、また次の記事にて。


203回の閲覧

© All right reserved TOSHIRO INABA