© All right reserved TOSHIRO INABA

  • inaba

4/25+26の朝日新聞の一面「折々のことば」に


昨年9月に発売された大友良英さんと稲葉の対談本「見えないものに、耳をすます ―音楽と医療の対話」アノニマ・スタジオ。

こちら、2017年3月11日放映のNHK Eテレ SWITCHインタビュー 達人達「大友良英×稲葉俊郎」の書籍化です。 なかなか密度の濃い本なので、じわじわと売れ続けているようです。うれしい。

この対談本から、

明日と明後日の朝日新聞の一面「折々のことば」!、という鷲田清一先生のコラムで引用されて取り上げられるとのこと。 うれしい! 鷲田先生、ありがとうございます!

哲学者の鷲田清一先生は、大阪大学の学長もされ、今は京都市立芸術大学の学長。哲学会の大御所。自分は学生時代から鷲田先生の著作を愛読しています。

そして、鷲田先生はただ偉いだけではなく、本当に気さくな先生で、さらにヨージヤマモトやギャルソンなどファッションを愛するお洒落でイキなところも本当に大好きな先生!!昨年のヨコハマトリエンナーレでもいろいろとおせわになりました。

明日4/25(水)は稲葉の文章の引用、明後日4/26(木)は大友さんの文章の引用とのこと。さて、どこが引用されているのでしょうか。 2日連続で、朝日新聞一面。 悪いことで初の朝日一面を飾らなくてよかった。笑

ということで、25水曜と26木曜の朝日新聞、ちらっと覗いてみてください!

ちなみに。 この対談本の写真、本が出た直後に撮影したので生後3ヶ月あたり。成長著しいなぁ、と、改めて・・・。

さらにちなみに。 4/27金曜は新宿ピットインで大友良英 ニュージャズクインテットのLIVEあります!(自分も行きます!)

●2017/9/4:大友良英、稲葉俊郎「見えないものに、耳をすます ―音楽と医療の対話」アノニマ・スタジオ


416回の閲覧