• inaba

「スイングがなければ意味がない」(It Don't Mean a thing)

「スイングがなければ意味がない」(It Don't Mean a thing)は、Louis Armstrong & Duke Ellingtonというスーパースター同士の夢の競演のLPで聞いている。

「The Great Reunion」1961年のLPだ。

1曲目がIt Don't Mean A Thing (If It Ain't Got That Swing)で始まる。

ほんとうに名曲だ。からだが勝手に動き出すようなメロディー。

この曲の解釈は、Ella Fitzgeraldも素晴らしい。 こうして音楽家の人たちがあらゆるパターンを重ねて行って立体的になっていくプロセス自体が美しい。

「みみずくは黄昏に飛びたつ」(川上未映子,村上春樹)も読んでいる。

作者の語りの中に含まれる倍音に、耳を澄ますように。

「ぼくがいつも言うことだけど、優れたパーカッショニストは、一番大事な音を叩かない。それはすごく大事なことです。」 「リズムがなければものごとは始まらない」

やっぱり村上春樹の作品には、時間軸とリズムをつくるためにも、音楽が必要なんだなぁ、と思う。

音のリズムは、そこに流れをつくると同時に、意識のレイヤーを上下してスイングする力も持つから。

なぜこの話が出てきたかと言うと、

村上春樹さんの『意味がなければスイングはない』を突然読みたくなって、つまみ読みしているから。

論じられているのは下記の方々 ・シダー・ウォルトン ・ブライアン・ウィルソン ・シューベルト ・スタン・ゲッツ ・ブルース・スプリングスティーン ・ゼルキンとルービンシュタイン ・ウィントン・マルサリス ・スガシカオ ・フランシス・プーラング ・ウディー・ガスリー

この本を読むときは、やはり「スイングがなければ意味がない」を聴かないと「意味がない」!

●1974 - Ella Fitzgerald - It Don't Mean a thing

●Ella Fitzgerald & Duke Ellington - It Don't Mean A Thing If It Ain't Got That Swing

●Duke Ellington - It don't mean a thing (1943)

●It Don't Mean A Thing - Louis Armstrong & Duke Ellington

●Tony Bennett - It Don't Mean a Thing If It Ain't Got That Swing (from MTV Unplugged)

1,143回の閲覧

© All right reserved TOSHIRO INABA