• inaba

横尾忠則「タマ、帰っておいで」(講談社)

横尾忠則さんから、新刊を送っていただいた。

「タマ、帰っておいで」(講談社)


亡くなった愛猫タマに関する日記と絵。


自由な次元で異界を行き来するネコは、何かのたましいの象徴のようにも見えて、なんだか泣けてしょうがない本だ。

横尾さんの絵の深さは、まさに生き方の深さに関係しているのだろう。

実際のネコを見て何も感じない人でも、横尾さんのネコの絵を介すると、あらゆる異次元のゲートが開いているような気がするのがすごい。


最後にある、霊界の愛猫タマから横尾さんへ向けた手紙も、素晴らしい。

なんだか自分の囚われた狭い意識のレンジのつまみが、カチリと切り替わり、スペースがグンと広がり自由になるのを感じた。

何かいろんな情報に疲れてきたら、意識をリフレッシュしてクリ―ニングして、別の視点からこの世界を再度見つめ直すためにも、ぜひ読んでほしい本です。
































0回の閲覧

© All right reserved TOSHIRO INABA