© All right reserved TOSHIRO INABA

  • inaba

信濃毎日新聞「ひととき」『人と健康 調和を求めて』(2020年3月17日(火曜))

さっそくですが、本日(3/17火曜)、信濃毎日新聞の「ひととき」というコーナーに、自分の記事が載っています。

『人と健康 調和を求めて』

という記事。


長野にお住みの方は、ぜひお読みいただければ!


自分自身、読んで涙が出ました。

クレーマーと呼ばれ続けたあの女性も、この記事で浮かばれたんじゃないかなぁ、と。 たしかに大変な人でしたが、ふと面影を思い出して・・・。


この記事をまとめたのは、信濃毎日新聞社、佐久支社軽井沢支局の河田大輔さん。自分の複雑怪奇でカオスな話を(汗)、これだけうまく文章にまとめる力量は、相当のものです。すごい文章力をお持ちの方です。こういう方が軽井沢に記者としておられることの幸せを感じます。一丸となって、共によりよい社会の創造に取り組みたいです。


2020年4月から取り組む仕事は、自分の全人生のキャリアを総合して、自分自身の全体性を取り戻す仕事でもあり、全身全霊で取り組みます。












ちなみに、ジャケットに付けているSDGsのバッジは、軽井沢の藤巻進町長にお会いした時、SDGsのバッジください、と言ったら、ご自身のを外して直接いただいたもの。うれしい!


自分の意思表明も込めて、バッジを付けてます。SDGsを視野に入れた医療を共に目指しましょう!


========

外務省HPより


持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは

*持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

159回の閲覧