FRaU(2020年08月号):稲葉俊郎x小林エリカ「コロナの後の世界の話をしよう」

7/29発売の雑誌「FRaU」(講談社)は、1冊丸ごとSDGs特集「Hello Nippon! 日本からはじまる、SDGs」です。 持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)に関しては、自分も個人として色々と思うことあり、「いのちは のちの いのちへ」の中でも書いています。(もう少しでミネルヴァ書房から出るSDGs教科書の分担執筆でも、自分も1章書いていたりします。) 国連が掲げるこのSDGsを、いかにして自分や個と結びつけることができるか、そしてコロナ禍の時代がどう関係あるのか、その辺りを深めていくのが2020年なのかな、と思っています。 この雑誌の中で、『ポストコロナの世界を考える、5つのダイアローグ』の一つで、小林エリカさん(アーティスト、作家、漫画家)と「コロナの後の世界の話をしよう」として対談しています。ぜひお読みください。 いろいろと、知り合いが多く出ていて驚きましたー。(野村友里さん:eatrip soil、四井真治さん:パーマカルチャーデザイナー、ほっちのロッヂ、ユーグレナ、Valuebooks、向田麻衣さん、warmerwarmer、杉本薬局・・・) 遠い未来を共有している仲間なのかなぁ、と。それだけで勇気をもらいます。 雑誌を見通して、自分は五味太郎さんのマシンガントーク語りが最高でした(星野概念さんは別語りになってます)。 以前、五味太郎さんとwarmerwarmerの高橋 一也さんが吉祥寺キチムで対談したのを聞いたとき、五味太郎さんの猛毒含んだ猛獣のような語りはすべて本質を貫通していて最高でした(ミーハーに

2020/8/12(Online):稲葉俊郎× 早島英観(妙福寺住職)対談(by.寺子屋ブッダ)

ABC主催の坂口恭平君との対話は楽しかったです。 異次元を生きる人との対話は、自分も色々と呼びさまされるものが多く、ワクワクします。かなり突き抜けた?内容だったかもしれませんが、それだけにまじりっけなしの100%濃縮ジュースのように飲みごたえあるものだったと思います。 山形ビエンナーレの【いのちの学校】にも坂口恭平君は出てもらうので、そこでまた共に学びましょう。 さて、話す相手が変わると、自分が引き出されるものも変わるもので。 新刊記念イベントの一環で、今度は早島英観さん(妙福寺住職、千葉県南房総市、成就山)という若き素晴らしいお坊さんと話します。 坂口恭平君も生きる聖者、仙人ですが、今度はお寺という現場にいる方との対談です。 早島さんも、お寺をもっと開かれたものにしたいと、多面的な活動をされている同世代です。 自分の新刊『いのちは のちの いのちへ』(アノニマ・スタジオ)にも、【お寺】という公共空間の可能性について書きました。 寺子屋ブッダとは、今後もいろいろと連動して、新しい医療の場を作っていきたいです。 ■2020/8/12(Wed)(19:00-20:30)(Online):稲葉俊郎 新刊記念イベント『いのちは のちの いのちへ』(アノニマ・スタジオ) × 早島英観(妙福寺住職)対談(by.寺子屋ブッダ) →Web https://shobo200812.peatix.com/IwAR38pBbaje 寺子屋ブッダのHPより。 https://www.tera-buddha.net/jyojyusan-myofukuji/566/ 早島 英観 公開日:2013年01月2

ジェーン・エリオット先生の「茶色い目と青い目の実験」の授業

ジェーン・エリオット(Jane Elliott)先生の「茶色い目と青い目の実験」の動画。 日本語版字幕を先に見て衝撃を受け、さらに興味を持って英語放映の全編を見て、さらに衝撃だった。学ぶことが多かった。こういう授業をこそ、自分も受けたかった。 ●jane elliott 日本語字幕 blue eyes brown eyes(16分日本語字幕あり) https://youtu.be/c18oEXqDg1k NHK BS1 2007年10月21日 BS 世界のドキュメンタリー 青い目、茶色の目~教室は目の色て分けられた~ A CLASS DIVIDED (制作 WGBH (アメリカ1985年)) (動画にたまに出ている大人達は親ではなく、後年大人になった子供達のようです。先生の元に集って、当時の動画を鑑賞した様子とのこと。編集で加えられています。) ●brown eye blue eye, Jane Elliott(51分英語) https://youtu.be/jPZEJHJPwIw 「差別」がどのようにして私たちに与えられて、生まれてくるのか、そして「自分が差別している」ということすら気づけない現実を、本気で教えてくれている。 エリオット先生は、「システムとしての差別」が存在していると「理解している」にも関わらず、自分以外に起きることを「受け入れてしまっている」ことが問題なのだ、と言っている。 「brown eye blue eye」の動画(51分英語)では、まず「精神的にストレスになる可能性がある」という内容の承諾書にサインを学生にさせている。 学生を「青い目(blue

「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」@東京藝術大学大学美術館

東京藝術大学大学美術館で、いま行われている展示。最高です。 特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」 (*事前予約制なので、お間違えなきように!) 8/23日曜9時のNHK日曜美術館で、この展示の特集が放映されます。 実は、自分もコメンテーターの一人で久しぶりのTV出演します! 公開していいですか?と現場で聞いたら、パネルに思いっきり書いてありました。 早めにアナウンスしておかないと、展示は9/6までなので、NHKの放映後(8/23)では、展示があっという間に終わるからです!汗 現場で作品を見て、感想を語りながら、自分も大きく心動かされました。 次の時代の新しい場について、自分こそ大きなヒントを受け取りました。 どんなコメントが使われるのか。オンエアーでご確認を。 ちなみに。 NHK日曜美術館でも山形ビエンナーレ2020取り上げて下さい!って、直訴もしてきました笑 取り上げてください!(後半のアートシーンのところとか、いかがでしょうか?) 特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」 2020年7月23日(木・祝)~9月6日(日) ※休館日:月曜日 開館時間 10:00~17:00(最終入場は16:30) 東京藝術大学大学美術館(〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8) →Web https://www.nhk.or.jp/event/art2020/ *繰り返しになりますが、事前予約制なので、お間違えなきように! 圧倒されっぱなしの展示でした。

7/20発売のku:nel (クウネル)、ABC、軽井沢書店、芸大美術館

アナウンスです。 7/20発売のku:nel (クウネル)No.104の「映画と本で、人生観を整える」の中で、ミヤケマイさん(美術家)に、稲葉俊郎「いのちを呼びさますもの」(アノニマ・スタジオ)をご紹介いただいています! 奇遇なことに、同時に取り上げられているのは坂本大三郎さんの「山伏と僕」。 大三郎さんは「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2020」(山のかたち、いのちの形 〜全体性を取り戻す芸術祭〜)の、メインモデルです。 ご存じない時に二つの本を、紹介されているので、奥底に流れている魂のつながりのようなもの(青本「いのちは のちの いのちへ」ではねじまき鳥クロニクルから「壁抜け」と表現していますが)を、読み取っていただいているとしたら、アーティストの審美眼はすごいものだ、と改めて。ありがとうございます。 全国のコンビニでも置いてある本ですので、ぜひお読みくださいー。 青山ブックセンター本店 Twitterより。 【来週開催】7月27日 (月) 20時〜 『いのちは のちの いのちへ 新しい医療のかたち』(アノニマ・スタジオ) 『自分の薬をつくる』(晶文社) ダブル刊行記念 私たちの「新しい場」と「自分でつくる薬」 稲葉俊郎さん × 坂口恭平さん トークイベント →Web ーーーーーーーーーーー 坂口恭平君は、「いのっちの電話」として、自分の携帯番号をWikipediaにもさらして、自殺者を一人でも食い止める運動をされています。(名前が奇妙なのは、本家の「いのちの電話」から商標権で訴えられたからです。苦笑) 彼は躁うつ病という暴れ馬を自分の中に飼っているので、うつのときの

聖域であるたましいを守り、いのちを守るためにも。

三浦春馬さんの訃報は胸が痛んだ。 自分が新著「いのちは のちの いのちへ」で書いたことも、まさにこうした事態を少しでも減らすような新しい医療の場を願って、書いたものだから。 芸能界の人は誰にも相談できない人が多い。医師として絶対に秘密は守るから、亡くなる前に自分にも相談してほしかった。 亡くなってからでは遅い。亡くなる前に。 ・・・・ 真面目な人ほど、反省、という行為が、自分を責める行為につながりやすい。 自分を責める回路から出られなくなると、どこにも居場所がなくなる。居心地のいい場所がどこにもなくなる。 ある場の中に閉じ込められると、そこに出口がない、と思ってしまう。 いまの回路を断ち切りたい、と思う時、眠ったり、お酒を飲んだりすると、一時的に「意識活動」が途切れるので、一時的なリフレッシュにはなる。悪いサイクルから、堂々巡りをする意識活動は一時的に抜けられる。 ただ、また現実世界が変わらないことに絶望すると、生きる複数の選択の中に死ぬという選択が入り込んでしまう。それは、眠りやアルコールで意識活動を一時的に変えることと同じ文脈だ。 生きていることがすべての悩みの根源なら死ぬしかない、と思い詰めてしまう。 心の病に悩み苦しんでいる相手に対して、「正しさ」や「客観的事実」を盾にして「責任」 を押し付けていくと、究極的には「生きていること」がすべての原因だと追い詰めてしまう。「生きている」から、こうなってしまったのだ、と。 そういう考えに閉じ込められると逃げ場がない。考えが煮詰まっていくと、自己否定や絶望から自死へと至る悲劇も起きてしまう。 因果論で物事を考え詰めていくと、そうし

ABC対談、Web連載、能楽健康本、などなど。

昨日から、山形ビエンナーレ2020(YB2020)のアナウンスが始まりました。 →→■「山形ビエンナーレ2020」9月5日(土)よりオンラインにて開催(●July 14, 2020) Webサイトも写真も美しいし、どの企画も面白いので、じっくりとWebページを見ていただきたいです。 →「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ 2020」Web 今回のビエンナーレで他の芸術祭と異質?なところは、美術だけではなく、ミュージシャンや食に関わる人、詩人も同じアーティスト枠にしていることです。 あと、その時のポイントとして、そもそもジャンル分けやカテゴリー分けが難しい人たちに依頼していったりします。 (ちなみに、大物ミュージシャンの方、自薦も募集しています。(^^) ところで。 色々なことは同時にやってくるもので、他にもアナウンスあります。 ● 青山ブックセンター本店(ABC)の企画で、7月27日 (月) 20時から、坂口恭平君の新刊と稲葉の新刊のダブル刊行記念でのZoom対談あります。熊本高校同級生として、かなりぶっ飛んだカオスな内容になると思います。熊本弁丸出しになるかもしれませんが、同時通訳入りません。 坂口君のTwitterから。 ――――――――――――――――― 坂口恭平 @zhtsss 私たちの「新しい場」と「自分でつくる薬」稲葉俊郎 × 坂口恭平 トークイベント - パスマーケット 新刊発売記念トークのお知らせですー。僕が高校で同じクラスだった当時から天才だった稲葉俊朗くんと対談しまーす。ズームでやるみたいです。同級生対談ぜひ。 私たちの「新しい場」と「自分でつくる薬」稲葉

「山形ビエンナーレ2020」9月5日(土)よりオンラインにて開催

山形ビエンナーレ。 山形にある東北芸工大が主体となって、地域の多くの企業の支援(ありがとうございます!)を受けて行う芸術祭です。 2020年9月に、形を変えながら開催します。 <Web>: https://biennale.tuad.ac.jp/ もともと、昨年に芸術監督の依頼がありました。 自分も含め、みんなが多彩なプログラムを考えていました。 新しい時代の扉を開ける芸術祭になるように、と。 2020年の初めからコロナの問題が顕在化し、医学的な判断の元、人との接触はどんどん絶たれて行きました。 人が集まるイベントはすべて中止となり、経済活動もすべて止まっていきました。 もちろん、これれはすべて「いのち」を守るための判断です。 でも、もしわたしたちの心が飢えてしまい、生きる希望や未来への希望を失い、心が荒んでいって荒れ果てしまったら、「いのち」の水源は失われてます。 大人の判断は、子どもたちにも、未来にも形を変えて影響していきます。 確かに、芸術祭を中止にすることは簡単です。誰もが納得してくれます。 ただ。 こういう時期だからこそ、「そもそも芸術と祭りとは何なのか?」という原点に立ち返り、そして「どうすれば芸術祭を行えるのか」という風に問いを変換しながら、いま起きていることを真摯に受け止めないといけないと思いました。 ただ中止にするだけであれば、10代や20代の若者から「大人は何を学んできたのですか?」と、笑われてしまうのではないかと。 ■■■ 山形ビエンナーレ2020を、ネット経由で、オンラインベースで行う芸術祭にしたのは、確かに苦肉の策です。 誰でも、Liveは生で見たいし

球体

軽井沢も梅雨で、延々と雨続き。 水は本当に多彩な顔を見せる。 水がなくても飢え死ぬし、多すぎても洪水で甚大な被害をもたらす。 水。 水滴もシャボン球も、きれいな球体になる。 理屈ではわかった気になってても、やっぱり不思議だ。 割れるシャボン球と割れないシャボン球の違いも不思議だ。 日常は不思議と謎だらけでしかない。 ふと、雨が止んで太陽が出た。 太陽は雲の上、宇宙の彼方には常に存在しているのにも関わらず。

2020/7/13(Mon)【ファクトリエカレッジ Vol.5】オンライン対談

以前、何度か対談させてもらった、ファクトリエ代表・山田さんと、オンラインで新刊に関するトークします。 ●2020/07/02:稲葉俊郎「いのちは のちの いのちへ ―新しい医療のかたち―」(アノニマ・スタジオ)(→Amazon、アノニマ・スタジオHP) お時間ある方は、ぜひ~! <参考記事> ●2019/3/5:【Web】芸術に造詣が深い東大病院・稲葉俊郎医師に聞く「ビジネスに“アート”は効くのか」|山田敏夫(ファクトリエ代表)、稲葉俊郎 対談 @HUFFPOST (→Web) 【ファクトリエカレッジ Vol.5】 型破り医師が医療を再定義! 〜医療の枠を越えて改めて問いかける、「いのち」とは?〜 オンライン対談:稲葉俊郎 医師×ファクトリエ代表・山田 <概要> 日時:7月13日(月) 19:00〜20:30 @オンライン ※無料・質問時間あります。 →Web ■2020/7/13(Mon)(19:00-20:30)(Online):【ファクトリエカレッジ Vol.5】型破り医師が医療を再定義!〜医療の枠を越えて改めて問いかける、「いのち」とは?〜オンライン対談:稲葉 俊郎 医師×ファクトリエ代表・山田 →Web

「マリス博士の奇想天外な人生」ハヤカワ文庫NF(2004年)

ほとんどの人が知らないはずで、でも、知ったからどうだ、という話をひとつ。 最近、コロナウイルスの感染法を調べるために「PCR法」というのが、かなり一般的な言葉になりました。 科学界隈の人には元々おなじみだったこの「PCR法」ですが、PCR法の発見でノーベル賞をとったキャリー・マリス博士の自伝があって、これはかなりぶっ飛んで突き抜けている自伝なのです。 ちなみに、「マリス博士の奇想天外な人生」ハヤカワ文庫NF(2004年)の翻訳は、あの有名な福岡伸一さんです。 ---------------- <内容(「BOOK」データベースより)> DNAの断片を増幅するPCRを開発して、93年度のノーベル化学賞に輝いたマリス博士。 この世紀の発見はなんと、ドライブ・デート中のひらめきから生まれたものだった!? 幼少期から繰り返した危険な実験の数々、LSDのトリップ体験もユーモラスに赤裸々告白。 毒グモとの死闘あり、宇宙人との遭遇あり… マリス博士が織りなすなんても楽しい人生に、きっとあなたも魅了されるはず。 原題は Dancing Naked in the Mind Field ---------------- <目次> 1:デートの途中でひらめいた! 2:ノーベル賞をとる 3:実験室は私の遊び場 4:O・J・シンプソン裁判に巻きこまれる 5:等身大の科学を 6:テレパシーの使い方 7:私のLSD体験 8:私の超常体験 9:アボガドロ数なんていらない 10:初の論文が「ネイチャー」に載る 11:科学をかたる人々 12:恐怖の毒グモとの戦い 13:未知との遭遇 14:一万日目の誕生日 15:私

NONE cafe(のねかふぇ) 軽井沢

素敵なカフェの紹介。 NONE cafe(のねかふぇ) 軽井沢。 湯川ふるさと公園から湯川沿いの道を歩いたところにある。 歩いているだけで浄化されるような気がする場所。 そこに、リスがいた。 南方熊楠の『十二支考』(岩波文庫)の中に、リス(栗鼠)は山伏という熊野に伝わる伝承が書いてあったのをふと思い出す(なぜか「蛇」の項目にリス(栗鼠)のことが書いてありまして)。 熊野では、リスは山伏で、魔法を知っていると言われている。どうも、樹の上で手を合わせて礼拝しているような恰好をするから、のようですが。 ほどよい距離で共生するためにも、リスにもこうして居場所をつくることが大事なんだろう、とも思う。 素敵なカフェ。 軽井沢に来た時、ぜひ行ってみてください。 自分たちがカフェをするなら、レコード、本、ミルクティー、チャイ、日本茶、焼き芋、カレー、で、カオスになるだろうなぁ、と妄想しながら話し合った。 NONE cafe 長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2778-1 営業:月、金、土、日 10:00~16:00

マクロとミクロのサイズ感

ひっそり?書き続けているハーバー・ビジネス・オンライン。 ねむりのこと。 距離のこと。 自然のこと。 居場所のこと。 個を深め、その上で光を見逃さないこと。 ブログに書き散らしていることを統合しながら、イメージと統合させながら、そんなことを書いています。 ●【Web連載】2020/7/5:「自然が壊されすぎてウイルスの居場所がなくなり、人との「距離」が近くなった」(ハーバー・ビジネス・オンライン) →Web https://hbol.jp/222596 ちなみに。 印刷モードで読むと、広告が入らず、写真と内容の調和が美しく映えるビューになります。笑 当直中、TVをふと見たときのこと(普段はあまり見ないので)。 コロナウイルスの電子顕微鏡写真を見せながらキャスターが解説しているのを見て、違和感があった。 自分の違和感を探ってみたら、二つのことに気づいた。 ・まったく違うサイズのものが並列にあること。 ・「見る」ことが「分かる」ことと思いやすい、ということ。(I seeは、分かります、という意味になるし、見ただけで何か分かったような勘違いをしやすい?) ウイルスはかなり小さい。 細菌でも1μmだが、ウイルスは0.1μm(100nm)。 0.1μmは0.0001㎜(0.0000001m)。 ウイルスに10を7回かけると1mになる、ということは、ちょうど人間(1mくらい)と地球(直径1万2742㎞)の大きさと同じくらいのサイズの違いになる。 ウイルスが人間に感染した、という現象を考える事は、人間が地球に感染した?、という現象を考えることと、サイズ感として同じくらいになる。 そう考えると

中動態としての「祈り」

よく子どもと散歩する自宅近くの場所。長倉神社。 自分が住む場所を守る神社には日々、感謝と共に過ごしたいと思う。 長倉神社は、平安時代の文献『延喜式』(927年)にもその名が残る歴史ある神社。 軽井沢は、明治20年ごろに宣教師の方々が街のルールをつくって、美しい街になった。 さらにその前の江戸時代、中山道の軽井沢宿がその前身となった。 そうした事を新しい著作にも書いたが、本には書かなかったけどいつも思っていることもある。 長倉神社は1000年近く前から、土地を守る人々の願いが込められた場所でもある、ということ。 もちろん、人間自体が、地球の歴史では後から来た新参者である、という謙虚さも忘れないようにしたい。 神社仏閣は、そうした人と自然との距離や関係性を考えるために深呼吸するいい場所。 日々の神社での祈り。 昨日や今日は、熊本の水害が鎮まりますように、と祈る時間を長めにとった。 「祈る」という行為は、あくまでも内発的に行われるもので、外から強制的にされるものではなく。祈りは「中動態」の最たるものだ(中動態に関しては、書くと長くなるので、自分の新刊を読んでくださいませ)。 黙祷していると、3歳の子どもも黙祷するようになるから、不思議なもので。

軽井沢書店さん、ありがとう!

地元、軽井沢書店に立ち寄る。 こんなにもプッシュしてくれてる! 悶絶!うれしい!ありがとうございます! 青盤だけでなく赤盤まで!並ぶとさらに美しい!! この不安定な時期に、こうして本を買っていただけるだけで光栄です。身が引き締まります!ありがとうございます! ●「いのちを呼びさますもの —ひとのこころとからだ」アノニマ・スタジオ(2017年12月22日) ●「いのちは のちの いのちへ ―新しい医療のかたち―」アノニマ・スタジオ(2020年7月2日)

日々、光を集めるように

軽井沢は1000メートルで山の中なので雨がよく降る。 転機もころころと変わりやすい。 だからこそ、「光」という存在をよく感じる。 光が木の間から雪のように降ってくる瞬間があって、美しかった。 集める。 日々、光を集めるように。

「音もせで 思ひにもゆる 蛍こそ 鳴く虫よりも あはれなりけれ」源重之

7月2日、新刊が出版され、みなさんの手元に届く前に、オンラインですこし話ました。 この時期に、あえて本を買ってもらえる方々に、本当に感謝しています。ありがとうございます。 やっと新刊出たなぁ、と思い、なんとなく気が抜けるように脱力して帰宅しました。 日も暮れて、外も真っ暗になり、そんな夜に外に出ることなんて普段はないものですが、妻がふと外に出てみたら、自宅の庭に、すぐ目の前の木に蛍を発見して、家族で驚きました。 なぜここにホタルが、、、近くに川はあるけど、ここに蛍がいるなんて。 しかも、ふと周囲を見ると、空中を何匹も飛んでいて、光の軌道がうっすら残り、網膜にもうっすら残像が残りました。光の帯が。 新刊「いのちは のちの いのちへ」のあとがきに、実は水俣病の方々への鎮魂の思いを書いてあるのですが、ミナマタの魂のような気がしてなりませんでした。 人生とは、不思議なものです。呼びかければ、特殊な通路を介して、返ってくるものです。 ホタルに、ゲンジボタル(源氏蛍)、ヘイケボタル(平家蛍)という名前があり、日本人の無意識に、いまだに源平合戦、平家物語の影響が残っているのか、と思うと、興味深いです。「平家物語」は能楽での鎮魂の最重要テーマです。琵琶法師も、平家物語を語り継ぐために生まれた職業でもあり。 ゲンジボタル(源氏蛍)の由来は、無念の最期を遂げた源頼政の思いが夜空に高く飛び舞う蛍に喩えられた伝説が由来らしいです。他にも、「源氏物語」の主役光源氏の「光」とホタルが結び付けられたなど、があり。言葉の由来。そこには著作権も誰が命名者か分からないのに、未だに(きっと今後も)呼び続けられる、と

blog

© All right reserved TOSHIRO INABA